【サイト構築①】 主婦(初心者)が2日間でレンタルサーバー契約~googleへのサイト登録を実現

【サイト構築①】 主婦(初心者)が2日間でレンタルサーバー契約~googleへのサイト登録を実現

新規サイト構築って2日間でできるの?しかも主婦ですけど・・・


Business写真Katemangostar – Freepik.comによるデザイン

答えはOK、しかも簡単にできますよ。

私は主婦ですが【RPAとアフィリエイト】や【お得商品ドットコム(みんなのネット商品紹介)】というアイデアを思いつき、どこまでネットビジネスにおいて、チャレンジできるのかと考えるようになり、そして、私自身でもアフィリエイトをやってみたいと思ったのです。

ただ、それにはサイト構築が必要・・・で色々面倒だなぁと思っていたのですが、

ネット情報だけではなく、実際にサイト構築をしている人とお話しさせていただいたり、システム構築に関わっているプロの方から情報を集めて、私なりに、”初心者でもプロが認める構成”を考えました。そして、私の主人(一応、20年くらいシステムエンジニア一筋でやっているからプロとしておきますね)に構成を説明すると、主人からみても合格とのことでした。

自信をもって、ネットビジネスにおける初心者~中級、上級の方にまで、お勧めできる構成です。

実際に私が2018年3月10にレンタルサーバーの申込みを行ってから、2日後の2018年3月12日には 、Googleが【RPA-Affiliate.com】のサイトを認識し、投稿記事ひとつないサイトではありましたが、サイトが正しく表示されることを確認できました。

Googleの検索画面で “https://rpa-affiliate.com”と打ち込んでみたら、サイトの初期画面(WordPressの初期テーマだけど)が表示されたときにはちょっと感動しました!

正直、インターネットにはサイト構築の情報が豊富にあり、私のような初心者には何が良いのか分からず、逆に混乱しますよね。

でも、私がお勧めする”アフィリエイトに最適なサイト構成”は、

ご紹介するサイト構築手順は、大門未知子でなくても、”誰でも、失敗しないので”

サイト構築初心者でも、簡単に構築ができます。

それでは、私が実際に本サイトの構築を行った手順(レンタルサーバー構築~googleサイト登録まで)を説明していきますね!

これから、新規サイトを立ち上げようと考えていらっしゃる皆様に対し、ご参考になれば幸甚です。

 

徹底した調査、後悔しないサイト構成

以前よりサイト運営には興味があり、皆さんに価値を提供できればと考えておりましたが、

サイト構築をして何をしたいの?
サイト構築なんてどうすればいいか全く分からない?

という状態で、何もしない日々が続いておりましたが、、、

ある日、RPA(Robotic Process Automation)のキーワードと、話題のAffiliate(アフィリエイト)を組み合わせて、何か価値あるものを提供できるのではと思いつき、早速、サイト構築に関してインターネットの情報はもちろん、アフィリエイト経験者やシステムエンジニアの方のヒアリング調査を開始しました。

間違っては後戻りが嫌なのと、やっぱり”あの構成”にしておけば・・・と後悔するのは嫌なので納得するまで調査しました。

アフィリエイトに最適なサイト構成

結果、私が自信をもってサイト構築を行った、誰にでもお勧めできる、”アフィリエイトに最適なサイト構成”が以下となります。

サイト構築に必要 構築内容
 レンタルサーバー(追加ドメイン、WordPressも含む)  XServer 【X10(スタンダード)プラン】
 WordPressのテーマ  LION MEDIA
 WordPressのお試し環境  Local by Flywheel
サイト運営のメール Gmail
サイト運営の監視ツール Google Analytics(グーグルアナリティクス)

皆様には、私がお勧めする”アフィリエイトに最適なサイト構成”は、アフィリエイトに最適な“高速表示”、“安定稼働”、“広告向けテーマ”、“SEO対策”に優れたサイト構成であることをご理解いただいたうえで、これからご説明する手順でサイトを構築していただければと思います。

 

サイト構築に必要なのは4ステップ

私がお勧めする”アフィリエイトに最適なサイト構成”は、たったの4ステップのみです。

ステップ① XServerの新規お申し込み
ステップ② ドメイン取得
ステップ③ WordPressのインストール
ステップ④ Googleへのサイト登録

ステップ②とステップ④が完了するまでに時間を要しますが、私の場合は、ステップ②に5~6時間、ステップ④に12時間程度でした。

インターネットの状況だったり、Googleへのサイト登録の込み具合によると思いますので、Googleへのサイト登録が完了するまでに、2~3日必要であることを前提に、構築手順を進めていただければと思います。

 

ステップ① XServerの新規お申し込み

下記リンクもしくは、画像からXserverのトップページにアクセスします。手順に従いXServerの新規お申込みを行ってください。

公式サイト ⇒ https://www.xserver.ne.jp/

画像に運用サイト数が140万件を突破!と記載されていますが、凄いですね。これも信頼高い証拠ですね。

XServerの新規お申し込み手順

手順1.画面上段メニューの「お申込みフォーム」ボタンを押してください。

 

手順2.「サーバー新規お申込み [無料お試し10日間]」のボタンを押してください。

 

手順3-1.XServerのお申込みフォームにて、契約内容を入力してください。

 

契約プランのお勧めは、【X10(スタンダード)プラン】です。
最初は、【X10(スタンダード)プラン】で十分ですので、複数のサイトや、サイトのアクセス数が大きく増加した場合には、後でプランをX20(プレミアム)プランやX30(プロ)プランに変更していただければと思います。

 

 

手順3-2.XServerのお申込みフォームにて、会員情報を入力してください。

 

手順4.最後に利用規約にチェックを入れて「お申込み内容の確認」を押下。

 

手順5.入力内容の確認画面が開きますので、問題なければ「お申込みをする」のボタンを押してください。

これで、XServerの新規お申込みは完了となり、XServerよりサーバーアカウント設定完了のメールが届きます。

 

「ユーザーアカウント情報」、「サーバーアカウント情報」が届きますので、大切に保管しておいてください。

 

手順6.サーバーアカウント設定完了のメールにある「インフォパネル」にログインしてみましょう。

サーバーアカウント設定完了メールにある「インフォパネル」へのログイン手順は良く使いますので重要です。忘れないように!

URL:https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

サーバーアカウント設定完了メールに記載されている、「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を入力してログインします。

 

無事にログインができて、インフォパネルが表示されれば、XServerの申し込みは完了です。

次は「ステップ② ドメイン取得」で、世界に一つだけのドメインを取得しましょう。

 

ステップ② ドメイン取得

ドメインとはインターネットの世界での「住所」にあたるものなので、どんなサイトであるかを示す非常に重要なものだと考えます。そのため、しっかり名前を考える必要があります。

ドメイン取得とは、取得した「住所」の世帯主となるので、ワクワクする分、とても悩みますよね~。

でも、あまり悩んでもきりがないと思うので、ほどほどに・・・して決めちゃってください。

あと、ドメインは申請してもインターネットの世界に通知していかないといけないので、結構時間がかかります。世界中の人たちに、新しい住所ができたよ~と言って回らないといけないので、そりゃ、いくら機械がやるとはいえ、世界は広いですからね。

では、ドメイン取得について説明していきます。

 

ドメイン取得前の手順 「料金のお支払申し込み」

事前にクレジットカードの準備をお願いします。

XServerの申込みは、”キャンペーン期間”が定期的にあるようで、”ドメイン1つ無料”とか”初期費用無料”のようなものがあるようです。私の場合は、”ドメイン1つ無料”のキャンペーン期間中だったので、初期費用は必要でしたがドメイン費用は無料でした。

10日間のお試し期間がありますが、この期間はドメイン取得できません。
2日間でサイト構築したいので、まずは、先に料金のお支払申込みを済ませちゃいましょう。10日間の無料期間は消えないようですよ。

「料金のお支払申込み」の手順

申し込みは非常に簡単です。クレジットカードだけ準備しておけば、後は申し込みサイトの画面で順番に入力していくだけでOK。

 

手順1.インフォパネルへのログインします。

※サーバーアカウント設定完了メールに記載されている、「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を入力してログインします。

 

手順2.決済関連の「料金のお支払い」をクリックします。

 

手順3.契約サーバーにチェックを入れて、更新期間を選択し、「お支払方法を選択する」のボタンを押します。

3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月となりますが、期間が長いと安くなります。
おすすめは6ヶ月か12ヶ月。12ヶ月だと月々約1,000円で高速サイトが運営できますよ!

 

手順4.お支払方法の選択画面に表示されている、「クレジットカード決済画面へ進む」のボタンを押します。

料金は「銀行引き落とし」「クレジットカード」「コンビニ払い」「ペイジー」が選択でき、「自動引き落とし設定」も可能ですが、おすすめはすぐに契約ができる「クレジットカード」です。

 

手順5.クレジットカード情報を入力し、「カードでのお支払(確認)」を押下すると支払完了となります。

 

世界に一つだけのドメイン取得

私が申請したドメインは、「rpa-affiliate」です。

世界に一つだけのドメイン取得ですので、名前が重複するとダメです。大文字小文字も関係なく重複したらダメです。

まず、”キャンペーンドメイン”の期間であるか確認しましょう。該当する場合は、”キャンペーンドメイン”で無料でドメイン取得が可能です。

私の場合は、2018年3月11日でしたので、”キャンペーンドメイン”の期間に該当しました。

 

手順1.インフォパネルへのログインします。

※サーバーアカウント設定完了メールに記載されている、「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を入力してログインします。

 

手順2.各種お申込みの「キャンペーンドメイン」または、契約関連の「追加のお申込み」を選択し、「同意する」のボタンを押してください。

「キャンペーンドメイン」の期間中は、ドメインが無料になります。

 

手順3.「キャンペーンドメイン」でない場合は、ドメインの「新規取得」のボタンを押します。

 

手順4.取得したい独自ドメインを入力します。 ※検索で重複しなければ登録できます。

ドメインに使用できる文字

ドメインは英小文字で始まり、英小文字、数字、-(ハイフン)が利用できます。続く文字(gTLD)は「.com」もしくは「.net」で問題ありません。もっと詳しく知りたい方は以下を御参考下さい 参考:ドメイン名の種類

これで、ドメイン申請は完了しましたので、次はサーバーとドメインを関連づけします。

「キャンペーンドメイン」以外の方は、ドメインのお支払契約が必要ですので、画面に従ってお支払契約を済ませてください。

 

 

申請したドメインとサーバーの関連付け

手順1.インフォパネルへのログインします。

※サーバーアカウント設定完了メールに記載されている、「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を入力してログインします。

 

手順2.契約関連の「契約情報」を選択し、サーバーパネルの「ログイン」ボタンを押します。

 

手順3.「ドメイン設定」を押下し、「ドメイン設定の追加」タブを選択

 

手順4.先ほど取得したドメインを入力し、「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンを押します。

「無料独自SSLを利用する」のチェックは付けたままで大丈夫でが、この時点ではSSLが正しく動作しないためエラーになります。
ドメイン登録後に再度設定するため問題ありません。

これで、ドメイン設定(取得とサーバーとの関連付け)が完了です。

あとは、インターネット上にドメインがきちんと反映(住所登録みたいなもの)されれば、URLにアクセスすると初期ページが表示されます。最大で2日間とか言われていますが、私は5時間~6時間で表示されました。

私の場合は、URLを確認する段階でWordPressもインストールしていたので、WordPressの初期画面が表示されました。

 

ステップ③ WordPressのインストール

現在、レンタルサーバー契約(XServer X10)、ドメイン登録待ちの状態となっていますが、この間にWordPressのインストールをやってしまいましょう。ドメイン反映を待たずとも、WordPressのインストールはできますので、先に進めていきましょう。

特別な知識がなくとも、インストールできますし、超簡単です。※今の時代は進化しておりますね~

インストール手順です。(初心者にも安心。超簡単です)

手順1.インフォパネルへのログインします。

※サーバーアカウント設定完了メールに記載されている、「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を入力してログインします。

 

手順2.契約関連の「契約情報」を選択し、サーバーパネルの「ログイン」ボタンを押します。

 

手順3.自動インストールをクリック

 

手順4.ドメイン選択画面にて、インストールするドメインの「選択する」をクリックしてください。

 

手順5.「プログラムのインストール」タブをクリックし、WordPress日本語版の「インストール設定」ボタンを押してください。

 

 

手順6.WordPress日本語版の「インストール内容」を入力し、インストール(確認)ボタンを押してください。

 

・ ブログ名は後で変更できますので、適切なものを入力
・ インストールURLには、申請済みのドメインを入力
・ ユーザ名、パスワードはWordPressへログインする際に使用(重要)
・ 「自動でデータベースを作成する」にチェック (重要)

 

手順7.インストール内容の確認画面が表示されますので、「インストール(確定)」ボタンを押してください。

これで、WordPressのインストールが完了。超簡単ですね。

WordPressのインストール結果で表示されるURLは忘れないように!

 

ステップ④ Googleへのサイト登録申請

ドメインの確認はできましたか?

確認できたら、次はgooleへのサイト登録申請ですね。確認できない場合は、もうしばらく待ちましょう。

ブラウザでURLを直接指定して何らかの画面が表示されれば、ドメインが登録(有効)されたことになりますが、

しかし、、、

今の状態は、何も中身がないサイトであることはもちろん、googleが認識していないサイトですので、いくらキーワード(ドメインのURLを指定しても)で検索しても検索結果には表示されません。認識してもらうためには、googleへのサイト登録申請が必要です。

googleさんは非常に忙しいので、googleさんが見つけてくれるのを待っていると多くの時間を要します。googleさんのためにも、こちらからサイト登録の申請をして探す手間を軽減してあげましょう。

この申請も初心者でもできる超簡単な手順なので、ちゃちゃちゃとやってしまいましょう。

初心者でも簡単なサイト登録の手順(googleへの通知)

サイト登録用URL:「https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url

をクリックして、「Search Console」の画面が表示されたら、登録したいURLを入力してください。

私はロボットではありませんに回答し、「リクエスト送信」ボタンを押下すると登録申請完了です。

私の場合は1日以内で登録されました。(ラッキーだったのか、普通なのか正直わかりません)

SSL設定(このタイミングがベスト)

構築したXServer(WordPress含む)の環境にサイトをアップしていきたくなりますが、このタイミングでSSLの設定をしておきましょう。サイトを作成した後にSSLの設定を行うと、URL変更に伴う作業が発生するため、サイトへの影響が少ない、このタイミングがベストです。

手順は簡単です。以下のURLに丁寧な手順が記載されておりますので、参考にしてください。

URL:「https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssl.php

 

さあ、次はWordPressのテーマ設定ですよ。

ここまででgoogleに新規サイトが認識された状態となりましたが、サイトの内容はまだまだですよね。

次は、WordPressのテーマを設定しサイト充実に向けた作業を進めていきますね!

まだまだサイト構築・運営おいては、やらなければならないことがありますので、お付き合いください。

↓↓↓ (サイト構築の続きです)

【サイト構築②】 LION MEDIAは標準機能やプラグインが充実した無料テーマ。SEO対策やカスタマイズのポイントを紹介。

【サイト構築③】 Local by Flywheel を使ってWordPressをローカル環境に構築。初心者でも簡単!すぐ使えて超便利

【サイト構築④】 サイト運営に必要なGMailとGoogle Analytics、Google無料画像検索の裏ワザ

アフィリエイト最適サイト構築カテゴリの最新記事