新時代のネット系副業は【シェアリングエコノミー】を活用したサービスの時代へ

副業もシェアリングエコノミーの時代へ

これからは副業も、”個人所有の時代”から”共有の時代”へ変化していきます。

”共有の時代”とは何か、既に一部で始まっておりますが、”シェアリングエコノミー”というサービスが注目されており、これから益々充実していきます。”シェアリングエコノミー”について説明していきます。

シェアリングエコノミーとは

「シェアリング・エコノミー」とは、場所・乗り物・物・人・スキル・お金をインターネット上のプラットフォームを介して個人間でシェア【賃借・売買・提供】をしてゆく新しい経済の動きのことです。(共有経済と言います)

例えば下図のようなサービスです。

現在、世界的に有名なシェアリングエコノミーは、民泊サービス「Airbnb」や、配車サービス「Uber」があります。
シェアリングエコノミーが生活に取り入れられると、どのような変化が訪れるかというと、これまでのビジネスでは得られなかったメリットが利用者も企業も得られることが考えられます。

シェアリングエコノミーが普及した背景ですが、インターネットやスマートフォンの急速な普及があります。

インターネットが普及し高速化整備された今、スマートフォンがあればいつでもどこからでもインターネットへ接続できるようになり、あらゆるサービスを受けることができるようになりました。

システムを提供する側も、サービス提供をしやすくなったのは、インターネットとスマートフォンの普及があったからです。そういった背景が、シェアリングエコノミーが広がる要因になっています。

シェアリング・エコノミーとは、シリコンバレーを起点にグローバルに成長してきた。世界的に有名なコンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)によると、2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には、約3,350億ドル規模に成長する見込みであると発表しています。

私のサイトで紹介している、”ココナラ”は【シェア×スキル】のサービスに該当します。

シェアリングエコノミーでは、「知らない者同士でモノを貸し借りする」ということなので、個人の信用に関してリスクはあります。そこで、「評価制度」が必要です。

個人間の信頼関係の構築が、シェアリングサービスにおいてとても重要になってきます。

信頼性を高めるために、ユーザ同士のレビュー評価制度を導入しているサービスがほとんどです。既存のSNSと連携が必須であるケースもあります。

最近では、ユーザの信頼度をこれまでのオンライン利用履歴や既存サービスから「信用スコア」化するサービスも提供されていますし、特に中国では、キャッシュレス決済の普及率も高いため、アリババグループがリリースした信用スコアのセサミクレジットなどが有名です。

貸し借りが成立するためには信頼関係の担保が必要であり、そのためにソーシャルメディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用することができます。

遊休資産の活用

自宅で使っていないモノやスペース、また個人のスキルなど、自分以外の誰かにとってはとても価値がある場合があります。
こうした「遊休資産」を個人間で提供し合うシェアリングサービスは短期間で大きな経済効果を生み出す可能性が非常に高いのです。

発想次第でビッグビジネス(副業でも同じく)を掴むことが誰でも可能なのです!

下記の表は、現在あるシェアリングエコノミーを分かり易く分類したものです。

遊休資産を利用した副業

遊休資産を利用した副業を5つご紹介します。

 

スキルクラウド

副業やフリーランスが当たり前の世の中、自分の力を高めて自分の力で生きていく必要があります。

2018年秋にオープンした新しいスキルシェアで、新しいクラウドソーシングサイト、知識の売り買いサイトあなたの知識やスキルを副業にすることができます。

1億総ユーザーがすでに保有しているノウハウやスキル、そしてまだ自分でも気づいていない強み それを欲しているユーザーとつなぎ合わせることで、提供者のエンパワーメントを促進し、購入者はそれを手軽に安価に利用することができます。

誰もが必ず強みを持っています。ノウハウやスキルではなくても体一つで何でも提供することが可能です。

ノウハウやスキル、そして貴方の時間 それを必要としている人は必ずいるはずです。

多様な働き方がある現在、出品者は今までの仕事や生活をすることで得た知識の財産を効率よく利用し提供することができます。

購入者は、個人間での取引のため安価に利用でき、最大のパフォーマンスを得ることが可能であり、自分の新たな価値に気づき、そしてそれが人の役に立つ、ノウハウやスキル、強みでのフリーランスクラウドソーシングプラットフォームを目指すことができます。

 

空きスペースの活用【特P】

《1》0円で始められる。 →駐車場の登録料は無料です。  設備投資やランニングコストも一切かかりません。
《2》柔軟な貸し出し設定。 →駐車場の貸出料金をオーナー様が決めることができます。 →貸し出しできる一日のコマ数も自由に設定ができますので  「貸したい」と思った時間だけの貸し出しもOK!
《3》手間いらずの楽々運営 →24時間対応のコールセンターがあるので、利用者とのやり取りは一切なし。
《4》安心信頼の集客力 →ネットワークによる集客効果で、駐車場を利用者に最大限アピールします。
《5》遊休資産の有効活用 →バイクサイズのスペースでもOK →ビルや土地の駐車場ではない空きスペースもOK →店舗の空きスペースを貸し出すことで、新たな収入源になり、集客効果が  期待できます。

 

タイムチケット

タイムチケットは30分単位で時間の売買ができるサービスです。
大学生からサラリーマン、主婦の皆さんなど誰でも気軽に時間を30分から売買できるサービスです
あなたの時間を30分から売ってみませんか?タイムチケットに登録して、あなたの得意なことをチケットにしよう!

 

ココナラ

私もココナラをやっており、かなり多くの方に私のスキルを活かして喜んでいただけました。

私のココナラは、こちら

自分の得意なことやスキルが出品できるオンラインマーケット・イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OK
会員数100万人突破!!取引件数300万件以上誰でも無料で会員登録

 

ViiBee

投稿した動画から商品が購入されれば、ポイントを獲得できます。(動画アフィリエイトが可能)
商品をお得に購入できるポイントバックや、無料でサンプルを受取ることができる機能もご用意しています。
ポイントは、現金や、ギフト券に交換することができます。

 

シェアリングエコノミーの効果

シェアリングエコノミーの効果について説明します。

働き方・雇用の大きな変化

以下の理由からシェアリングエコノミーで働き方・雇用が大幅に変化します。

  • フリーランス化が進む
  • 競争の激化に伴い、サービスの向上が進み、基本的には、雇用環境の不安定化が進んでいく。
  • 社会的にも、雇用・保険・納税に関するバランスを考える必要がある。
  • 個人としては、選択肢や自由度が増える
  • Airbnbなどの運用なども含めて、副業・副収入の増加。
  • アルバイトや社員の採用媒体や就職の検討のように、シェアリングエコノミーとしてのホスト募集が、一般に広がっていく。
  • やりがいがあり人間らしくローコストな生活に移っていく
  • システム化された中で、自分の看板で戦う・自分の責任で判断する・自分の労働時間で働く → 自分らしく生きていられる。
  • 過度に所有・消費をしないライフスタイルを志向する。

本質は与信のプラットフォーム

与信とは相手を信用して金銭やモノを貸与することであり、 相手に返済能力があるために貸すしことができる、という信用を与える意味から、与信という言葉になっています。

例えば商品を先に渡して代金を後で回収することも与信のひとつといえ、販売先に対して代金を回収するまで信用を与えています。

注意しないといけない点
信用と言っても、従来の信用制度とは違います。
いい大学・いい会社・資産のあるなしではなく どれだけ信頼できる人かです。
信頼される人になることが今後の信用になります。
また、このシステムはブロックチェーンが出来き安全性が確保されてこそ可能になりました。
都市伝説でおなじみのMr関さんが、良く話す 「ネットに余計なことは書き込むなよ!」はこれにあたるんです。消えないデジタルタトゥーとしてあなたの信頼が失われてしまうんです。

シェアリングエコノミーとブロックチェーン


もしかしたら、このニュースを聞いて「あれ? ブロックチェーンって仮想通貨のために開発された技術だよね。ソーシャルネットワークと関係あるの?」と思われた方がいるかもしれません。

ブロックチェーンは、仮想通貨を実現するために産み出された技術ではありますが、取引記録を安全に保存できる「分散台帳」を実現した技術としても魅力的です。

それに加えて、新しい機能開発が進められたことで、今では様々な業務システムを支える汎用的なシステム技術として発展しています。

ブロックチェーンの仕組み

多数のブロックが互いにチェーンのようにつながって出来ているのが、ブロックチェーンの仕組みです。

ブロック同士がエラーや不正をチェックし合うことで、システムが常に正常に働くような構造になっています。ブロックチェーンを前提とした暗号通貨は、このようにして公正な取引が可能になっているのです。

未来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール

これからの社会において、今回ご紹介したシステムや、情報はマストになってくると思います。誰でもビックチャンスの掴める時代に突入し、自分らしい生活を送りながら働けるようになります。今回の情報を参考にあなたの発想や知恵を駆使してこれからの時代を生き抜いていってくれることを期待しています!!

ブロックチェーンの活用

シェアリングエコノミーを支えるブロックチェーンは、2009年に運用が開始されました。

改ざんが不可能でデータの透明性が高いブロックチェーンは、シェアリングエコノミーにおけるID管理やデータの記録先、決済手段として注目を集め、2015年にEthereumネットワークがリリースされると、スマートコントラクトで契約をプログラムの形で記述し自動的に実行しやすくなりました。

中央集権的な管理者を排除し、公平な価格形成ができる点が一定の支持を集め、シェアリングエコノミーでのブロックチェーンに対する期待はさらに高まっていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です