副業解禁の時代へ!なぜ「副業」を始めるメリットがあるのか解説します

副業解禁の時代へ突入

2017年以前は副業禁止の会社もかなり多かったのですが、2018年は副業元年と言われ少しずつ副業解禁となってきました。2019年~2020年は手軽に始められるYouTuberも増加し、幅広い年代層で副業を行う人が増えています。

特に人気のあるネット系の副業ですと、YouTuber、ブログ、アフィリエイト、ココナラ(スキルを販売)、Googleアドセンスなど、手軽に始められることから、個人でも副業をする人が増加しています。

2020年は20%~30%の企業が副業を認めている状況があり、大手ではソフトバンク、花王、日産自動車、パナソニック、ロート製薬などの企業が何らかの形で副業を解禁しています。

これからは副業を行うのが当たりまえの時代になっていきます。

 

副業の悩み

”会社員としての収入が思うように伸びない”、”毎月の給与以外の収入がないと将来不安だ!”

一度は考えたことがあるのではないでしょうか。しかし、いざ現実的に副業の可能性を考えたとき、多くの人はいくつかの悩みにぶち当たり、頭を抱える方が多いです。

悩み①:副業を行う時間がとれない

会社に出勤すると会社に拘束されることから、副業を行う時間に限りがあります。特に長時間労働が発生する業種では、自宅に帰った際には疲れ切っていて、副業どころではないという事態になります。

悩み②:何の副業が向いているか分からない

副業の時間がとれたとしても、自分に向いている副業が分からず、副業をやろうと思っても時間だけが過ぎていきます。例え自分に向いている副業を思い描いていたとしても、自分が何の知識を強化すべきか分からず、一歩先へ踏み出せない人が多いようです。

悩み③:税金などお金の基礎が分からない

会社では源泉徴収など必要な税金処理はお任せで良いですが、副業するとなると、税理士などにお願いする必要があり、余計な手間やコストがかかります。いざ副業の収入が得られるようになると、その管理や必要な手続きも自分で行う必要があるのが会社員との大きな違いです。適切な管理ができなければ、損をしたり、あるいは悪気なく脱税とみなされて法を犯してしまうリスクもあるのです。

悩み④:簡単・短期間で稼げるだろうか?

「簡単にできて、短期間で儲かる!」など謳っている業者から、販売ノウハウや情報商材を高く売りつけられるリスクです。
副業に興味を持っても、実際に「何を副業にするか」を決めかねる方もいるはずです。そういった方に対して、副業の商材を売りつける業者もいるようです。収入アップやスキルアップを目的に始めた副業で、最初に多額のお金を失ってしまうケースも報告されています。

 

副業を始める際の準備

副業の悩みも色々とありますが、きちんと準備をすることで、充実した副業を行うことができます。副業を始める際は最初に目標を決め、本業以外の空き時間を確保することが大切です。

STEP1 : 目標を決める

副業は今ある仕事の他に仕事をすることです。今まで過ごしてきた時間のいずれかを削って仕事にあてることになるので、目標がしっかりしていないと途中で挫けてしまうこともあるでしょう。
目標はなんでも良いですが、明文化して自分で立ち返ることができたらなお良いです。辛くなってきたとき・忙しくて目標を見失いがちなときにも役立つでしょう。目標の中身は「今よりも月2万円多く稼いでお小遣いに当てる」「住宅ローンの繰り上げ返済」「年1回海外旅行に行く」など、小さなことから大きなことまで、何でも良いです。

STEP2 : 空き時間を確保する

副業をするためには、空き時間が必要です。
例えば、今勤めている会社の仕事が手一杯で残業も多かったりすると、すぐに副業を始めることは難しいでしょう。まずは空き時間を確保することが大切です。会社員の場合は始業前・終業後の数時間を副業にあてる、休日を活用するなど。主婦の方は家事の合間に…などです。会社員の方は効率良く働くことで、その経験や工夫が本業にも活きるでしょう。
ご自身の目標に合わせて、本業・プライベート時間とのバランスも鑑みた上で時間を捻出することが大切です。

STEP3 : 副業を選ぶ

最後は具体的な副業の選択です。副業の選び方について、仕事の分類から見ていきましょう。

仕事には、時間労働型と成果報酬型があります。時間労働型は「時間を切り売りする労働」で、働いた時間分だけ確実にお金になりますが、自分のキャリアになる仕事は少なく、市場価値が上がりづらいと言われています。単価も安いことが多く、高収入を望むのは難しいかもしれないでしょう。一般的なアルバイトや、お小遣い稼ぎのサイト利用、代行業などが「労働集約型」の仕事です。

 

副業を始めるメリット

人生が豊かになる

単に経済面での収入アップに止まらず、ライフスタイル全体の満足度が高まる点がメリットの一つです。副業のために新しい目標を持つことで生活にメリハリがついたり、新鮮な発見があるでしょう。副業を始めたことで「日々、ワクワクする気持ちが生まれた」といった声もあります。また、副業の時間捻出のためには、時に「やらないことを決める」必要もあります。ずっと同じ仕事が続いて日々に閉塞感を感じている場合、こういったライフスタイルの変化が少なからず生活に彩りを与えるでしょう。

本業以外の人の繋がりが生まれる

仕事によっては新しい人と出会いがあったり、仕事の知られざる一面を知れる点もメリットの一つです。企業によっては、この点に着目して副業を解禁しているようです。

普段と違う仕事を副業にする場合、新しい商習慣が身についたり、今までと立場が違う人からアドバイスをもらうこともあります。「副業がきっかけで視野が広がった」と感じる方もいるようです。副業で学んだことを本業に活かせば、本業にも良い効果が期待できます。

リスクを抑えて経験を詰める

また、何と言っても副業を通じて新たな経験が積めたり、スキルアップできる点は大きな魅力です。起業や転職となると、準備も必要ですし大きく仕事環境を変えるリスクもあります。収入が減ってしまうこともあるでしょう。
しかし、本業があるからこそできる副業は、時間を使って確実に収入を得るものから、チャレンジしてスキルや経験を得られるものまで様々です。例え失敗しても経験を積むこと自体が何らかのプラスになるでしょう。

副業を始めよう

副業は始めるメリットをご理解いただいたでしょうか。しっかり目標を掲げて副業を始めましょう!
本サイトからのオススメは、自宅にいながらお手軽に始めることが出来るネット系の副業です。

2020年に副業を始めたいならネット系の副業がオススメ

2020年3月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です