【XML Sitemap】 クローラー回数が増える永久保存版の設定内容を紹介。SEO対策としても効果抜群!

【XML Sitemap】 クローラー回数が増える永久保存版の設定内容を紹介。SEO対策としても効果抜群!

XML Sitemap クローラー回数が増える設定内容を紹介。

Google XML Sitemapを使用されている方は多いと思いますが、本当にクローラーに最適な設定になっているでしょうか?

クローラーに対してサイト全体を見てもらう設定になっている方は、ぜひとも、この記事を読んでいただき最適な設定へ見直しをいただければと思います。クローラーは皆様のサイトに何度も訪問してくれるのですが、限られた時間しかいませんので、その限られた時間を最大限に活用しないと、SEO効果はフルに発揮できませんよ!

さぁ、私が設定しているGoogle XML Sitemapをベースに、クローラー対策に有効な内容を説明します。

 

まず!クローラーの仕組みを理解しよう

クローラー(Crawler)とは、皆様のサイトにを構成しているページ(HTMLや画像、PDFを含めた全て)に対して評価を行い、Googleの検索順位を決定するソフトウェアです。このクローラーがユーザーにとって価値あるページであるかを定期的に評価して、Googleの検索結果に対する順位を決めるわけですね。

つまり、クローラーに嫌われて皆様のサイトに訪問されなかった場合、検索結果が上位になることはないということです。
クローラーは頭が良いので、さっと、サイトの中身を見て更新された箇所を見つけるのですが、一度の訪問時間は限られていますから、全てのページを見ることはありません。

そこで、限られた時間において、サイト内を出来る限り巡回して欲しいので、そのために重要となるものが、サイト内の構成を記載した、”Google XML Sitemap”となります。

つまり、この”Google XML Sitemap”がクローラーにとって重要なものであり、この”XML Sitemap”に従って動いてくれることを考えると、クローラーにとって負荷がかかるような設定になっていれば、貴重なクローラーの訪問時に少しの巡回しかしてくれず、検索結果を上位に導くインデックスの情報がいつまでも更新されないということになります。

これは、SEO対策としては致命的ダメですよね。

つまり、定期的に訪問するクローラーに対して、適切な”XML Sitemap”を伝えることで、SEO対策に効果が期待できるということです。

 

クローラーに有効なSEO施策とは

クローラーに有効なSEO施策ですが、クローラーに巡回してもらいたいページを限定することで、インデックスに影響するページを何度も巡回してくれるようになりますので、ページに対して適切な評価が行われることになります。

欲張りは禁物です!

例えば、常に最大のクローラーのパワーを使用して、インデックスに影響しない”noIndex”のページや、更新頻度の少ないカテゴリ、タグのページといったものに対しても、全力で巡回するようにしているということです!

皆様、思い当たる節はありませんか?

本当に必要なページにのみ全力でクローラーを巡回させる設定こそ、”XML Sitemap”が行える最善のSEO対策となります。

 

クローラーに負荷のかかる悪い設定

私が実際に設定していた、クローラーに負荷のかかる悪い設定をご紹介いたします。

さあ、見てくださいね。WordPressの標準コンテンツが全て対象となっています。

何て欲張りなんでしょうか。メリハリが全くない設定であり、これでは、更新頻度が低い、固定ページやアーカイブページも投稿記事と同じレベルになっていて、クローラーは何を優先的にするか迷うでしょうね。

更に、noIndexの固定ページを含める設定をしておくと、”Google Search Console”でインデックスカバレッジに関するエラーになったりしますので、そもそも固定ページは付けない方が無難のようです。

 

さぁ、次はWordPressの標準コンテンツの更新頻度と優先度ですね。

まず、更新頻度(Change Frequencies)ですが、これも欲張り過ぎですよね。

ほぼ、常時になっていますので、クローラーは大変だと思ってすぐに逃げて帰ってしまいますね。必要がないものは必要ないとクローラーにきちんと伝える必要がありそうですね。

次に優先順位の設定ですが、これは、更新頻度に比べればちょっと控え目になった感じはありますが、それえでも、ホームページや投稿記事、固定ページまでもがクローラーの最大パワーで巡回してくれとなっているので、ホームページで疲れて帰ってしまいますね。つまり、クローラーが元気でないと投稿記事まで巡回してくれないということです。

 

クローラーの効果を十分発揮できる良い設定

さて、もう悪い設定をご覧いただきましたので、おおよそ予想はついているのではないかと思いますが、私が現時点でベストと考える設定をご紹介します!

そして、皆様の”XML Sitemap”の設定内容をご確認いただればと思います。結構、欲張ってませんか?(笑)

素晴らしいですね。

固定ページ、アーカイブページ、投稿者ページ、タグページと巡回しなくても良いものを除外していますので、クローラーは元気いっぱいに巡回してくれます。結果、Googleの検索結果に影響するインデックスの情報を精度高く更新してくれます。

これも素晴らしい設定内容です。

クローラーにあまり負荷をかけない設定となっていますので、結果、毎週となっている”投稿(個別記事)”、”カテゴリ”、”タグ”のページについても、毎週より頻度高く更新してもらえると思います。つまり、”毎週”となっていても決して”毎週”しか実施しないということではないのです。

そして優先順位ですが、バランス良く一律0.8としております。つまり、クローラーの巡回対象と更新頻度をしっかり定義した上で優先順位を同じにしておくことで、更新頻度に応じてクローラーが適切に巡回してくれることになります。

なお、クローラーが訪れるのは、記事の更新頻度が多いサイトになりますので、しっかり記事を更新することも忘れてはダメですよ!

さぁ、皆さんのGoogleの検索結果が上位に来る日が近いですね。もう上位だという方は、現状維持ですね。

 

XML Sitemapカテゴリの最新記事