【RPA】 2018年の注目キーワードはRPA、企業も積極的に導入を開始。アフィリエイトでも活用!?

【RPA】 2018年の注目キーワードはRPA、企業も積極的に導入を開始。アフィリエイトでも活用!?

2018年の注目キーワードはRPA

RPAって何?と言われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、これからの働き方を変える重要キーワードです。本サイトも、RPAというキーワードを重要視していますが、これからは、ロボットとの共存が必要不可欠になる世の中になっていきますよ~。

RPAってロボットと言われるけど動くの?

RPAとは、「Robotic Process Automation」の略で、これまで人が行ってきた事務作業、営業支援、コールセンター、経理・人事などのバックオフィス業務をロボットが自動的に行うシステムのことですね。
今後益々、RPAが注目されることは間違いないです。

RPAはロボットと言いましたが、ロボットとはいっても産業用ロボットのようなものではなく、ソフトウェアをイメージするとわかりやすいです。

人が行ってきた作業の中でも、旅費や給与などのデータ入力、データ収集や分析、膨大なデータをもとにした経営管理まで、幅広い業務を自動化できるとして期待されています。つまり単純作業だけでなく、学習や知的作業が必要な業務も自動化されるようになるのですね。

 

企業はRPA導入を積極的に導入したい?

答えは、Yesですね。

労働力の減少が著しい日本では、今後人手不足に拍車がかかると見られています。また、労働者の需要が高まるにつれ、賃金も高くなる傾向にあります。今後も優秀な人材を安定的に確保できるか見通しが立たない状況です。

そのような背景の中、企業にとっては業務の効率化が大きな課題となっています。RPAの登場により、業務の効率化を図ることができるかもしれませんね、というかできます。

2018年の注目キーワードは、間違いなく”RPA”ですね。大手企業も本格的にRPAの導入を開始していますが、まだまだ、実証実験段階の企業が多く、どの程度の効率化が見込めるか効果測定を行っている段階ですね。でも、考えるまでもなく、間違いなく効果がありますので、RPAの導入は加速すると思います。当然、デメリットもある(業務の運用を変えないといけないとか・・・、でも運用を変えることも考え方次第ではメリットだけどね)ので、そりゃ慎重になりますね。

Technology(テクノロージー)の進化って凄い!

 

企業はRPAを導入して削減した人件費を有効活用したい?

答えは、Yesですね。

これが、RPA導入の最大のメリットでしょう。企業において費用の大部分が人件費だと思いますが、導入にかかる費用や維持費を考慮しても、コストパフォーマンスが高いと言えますし、24時間仕事ができるので、生産性の向上にもつながるでしょう。

あとは、ロボットですから、業務を自動化できるだけではなく、文句の一つも言わず、コツコツ、人間よりも正確に速く対応できるのも大きなメリットです。RPAにて削減した人件費は、次の時代へ向けた投資として“更なる働き方改革”が行われ、皆様のプライベートの充実に繋がるのだと思います。

RPAによって職が奪われた事例は1つもなかった

「RPAは人間の作業からロボット的な部分を取り除くもの」であり、産業革命以降、135年間にわたって、人間はロボットのように働かされてきた。RPAによって人間は、仕事の楽しさを取り戻すことができる。

↑ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのレスリー・ウィルコックス教授のお言葉

”RPAによって職が奪われた事例は1つもなかった”とRPAを研究されているウィルコックス教授が言われているように、”RPA”は働き方を改革するものであり、私も職を奪うものになってはいけないと思います。つまり、RPAによって確保された時間を、どう有効に活用していくか、それを企業もですし、働く我々も考えていかないといけないということです。

 

RPAが得意なもの

ロボットですからね、得意なものは“繰り返し作業”ですね。ロボットに聞いたことはないですが、聞かなくても、まぁ、びっくりするくらい得意なのは分かります。

人事・経理、総務などの事務処理作業からRPA導入される理由は、そうした“繰り返し作業”の業務だからであり、ロボットでも十分(むしろ生産性、品質は向上します)だという、そうしたロボットを受け入れる次の時代へと進化しているのですね。

ロボットでもできる作業は、ロボットに任せることで、今まで人間が作業していたわけですから、その作業時間を他の有効なものへ繋げることができますよね。

 

RPAに種類はあるの!?

RPAにも実はレベルがあるんですよね~。人間と一緒で成長すると賢くなっていきますが、それと同じで、クラス1~クラス3のようにロボットのレベルが定義されています。

クラス3になると人工知能を搭載していますので、自らが成長していきますね。ある意味、ロボットで便利になる時代になるのですが、逆にロボットが賢くなり過ぎて、人間では理解できない賢さになってしまいますね~。人間がロボットに教育される時代もあり得ますよね。もし、学生時代の先生がロボットだったら!?と考えてみてください。怖い時代に突入してしまいましたね・・・

クラス1:定型業務の自動化

人間が実施していた定型業務の自動化。(例外処理は人間の対応が必要)

クラス2:一部非定型業務の自動化

例外対応や非定型行の自動化や非構造化情報の対応。

クラス3:高度な自律化

高度な人工知能により、作業の自動化のみならず、プロセスの分析・改善、意思決定まで自動化。さらに、従来では実現できなかった人海戦術的な方法による新たなビジネスへの応用。

 

RPAが進むと何が起こる?アフィリエイトへの影響は?

RPAが進むと、きっと、自宅で仕事をしている人が多くなるでしょうね。自宅にインターネットは当たり前の時代となってきましたから、セキュリティルームを必要としない業務であれば、会社でなくても、自宅でもできますよね。でも、人とのコミュニケーションが減少するのは、本当に良いのか、私には判断付きませんが・・・

そうした時代に変わっていく訳ですから、インターネットの情報を自宅からアクセスするケースも増加すると思いますし、インターネットの情報は膨大ですので、有効な情報を探すのも大変になりますね。

アフィリエイトをやっている皆様もRPAを意識することで、ロボットでもできることはロボットに任せて、実際に商品を購入して使ってみたり、商品のメリット・デメリット分析したりすることで、結果、皆様に分かりやすく購入したいと思わせる商品紹介が出来るんだと思います。

確かに現時点では、RPAはアフィリエイトには無関係のように思えますが、これから、企業のRPA導入が加速し、ネットにもロボットが販売されるケースが多くなると、皆様のサイト運営に活用できるようなロボットが豊富に出てくるかもしれませんね。将来はアフィリエイトもロボットがネットの情報を集めて、ロボットの考えで記事を書いて紹介するサイトが登場するかもしれませんね。

そうした世界をイメージして、私のサイトはRPA-Affiliateに決めたんだよ~。主婦でも、こんな最先端の世界を語れるんだね(笑)

RPA活用カテゴリの最新記事