無料サインツール|ストキャスの値をカスタマイズして逆張りを狙おう!【mi_Stochastic_Signal】

Stochastic逆張りの無料サインツール

バイナリーオプションの裁量トレードでStochasticを活用されている方は多いと思います。

Stochastic(ストキャスティクス)はある一定の値を超えたり、下回ったりした場合に、逆張りを狙えるインジケーターですね。

今回ご紹介するサインツールは、Stochasticを利用して私(みー)が作成した、Stochastic逆張り最強の無料サインツール

【mi_Stochastic_Signal】

です。

Stochasticとは

まずは、Stochasticの簡単なご説明から。

Stochasticとは、米国のチャート分析家ジョージ・レーン(George Lane)によって1950年代に考案されたテクニカル指標。オシレーター(値幅分析)系指標の一種。 逆張りの投資手法において、よく用いられる指標です。

相場に明確なトレンドが出ているときは指標が天井または底に張り付いたままとなってしまう性質があるため、逆張り手法が全く機能しない時間帯がある点に注意する必要があります。

Stochasticは、%K、%D、Slow%Dという3つの数値を使用します。

Slow%Dは%SDやSDと表記されることもありますが。%Dラインがより重要であり、主要な相場転換シグナルを示します。変化に対する敏感さは、%K > %D > Slow%D の順となります。

%Kと%Dの組み合わせをファースト・ストキャスティクス (fast stochastics)、%DとSlow%Dの組み合わせをスロー・ストキャスティクス (slow stochastics)といいます。

難しい話は置いといて、Stochasticの逆張りは、レンジ相場を狙うのが良いですね。もし、レンジ相場を精度高く見極めたい方には、私が作成した「mi_Range_market」のインジケーターがオススメです。

 

mi_Stochastic_Signalとは

Stochasticを使用して逆張りのエントリーポイントをサインとアラートで教えてくれる、無料のサインツールです。

勝率も非常に高く、無料で提供されているサインツールの中では最強の分類に入ると思っております。

Stochasticは80.0を超えたらLowエントリー、20.0を下回ったらHighエントリーって良く言われますが、それだけだとエントリー根拠が弱すぎですね。もう少し、根拠を強くするために、「mi_Stochastic_Signal」のサインツールでは、1つ前のローソク足の状態も根拠に含めます。

これが結構強い根拠となります。1つ前のローソク足の状態を加味することで、「値動きの幅」を根拠に含めることができますので、より逆張りに適したサインが表示されることになります。

「mi_Stochastic_Signal」の特長をご紹介しますが、基本動作は全て、私の無料サインツールで一番人気の「mi_RSI_Signal」と同じですので、「mi_RSI_Signal」の記事を参照してください。

 

mi_RSI_Signalの詳細はこちら

 

本記事では、「mi_Stochastic_Signal」のオリジナル部分のみ記載します。

★勝率も「mi_RSI_Signal」と同レベルです。

 

Stochastic判定パラメータが変更可能

無料のサインツールは多数ありますが、自分にあった判定値をカスタマイズできるものは少ないですよね。

【mi_Stochastic_Signal】は、9つのパラメーターが存在しており、自由にカスタマイズが可能です。

デフォルトの値は5分足が推奨ですが、例えば、1分足で利用される場合には、適切な値に変更してより高い勝率を狙うことができます。

AlertON アラート機能のON/OFFです。
Stoc_K_Period StochasticのK_Periodを指定します。Stochasticのデフォルトは「5」ですが、逆張りの反発を狙いたいため「4」にしております。
Stoc_D_Period StochasticのD_Periodを指定します。Stochasticのデフォルトは「3」ですが、逆張りの反発を狙いたいため「2」にしております。
Stoc_Slowing StochasticのSlowingを指定します。Stochasticのデフォルトは「3」ですが、逆張りの反発を狙いたいため「1」にしております。
Stoc_High アクティブなローソク足のStochastic上限値です。この値を上回った場合が逆張り(Lowエントリー)条件となります。
Stoc_High_prev アクティブなローソク足の一つ前のStochastic上限値です。この値を上回っていない場合が場合が逆張り(Lowエントリー)条件となります。
Stoc_Low アクティブなローソク足のStochastic下限値です。この値を下回った場合が逆張り(Highエントリー)条件となります。
Stoc_Low_prev アクティブなローソク足の一つ前のStochastic下限値です。この値を下回っていない場合が場合が逆張り(Highエントリー)条件となります。
isTitle 「mi_Stochastic_Signal」のタイトルを表示するか否かです。デフォルトは非表示(false)です。

Stochastic_High_prevと、Stochastic_Low_prevが高勝率のポイントとなります。

1つ前のローソク足の状態を見ることで、より精度の高い境界値の判定が可能となります。

 

判定ロジック

mi_Stochastic_Signalの判定ロジックについてご説明します。

Highエントリー条件

  • 条件①:ローソク足のStochasticがStoc_Lowの値を下回っていること
  • 条件②:1つ前のローソク足のStochasticがStoc_Low_prevの値より大きいこと

条件①と②を満たしている場合、Highエントリーのサインを出します。

Lowエントリー条件

  • 条件①:ローソク足のStochasticがStoc_Highの値を超えていること
  • 条件②:1つ前のローソク足のStochasticがStocc_High_prevの値より小さいこと

条件①と②を満たしている場合、Lowエントリーのサインを出します。

 

パラメータの変更例

【mi_Stochastic_Signal】が提供するパラメータを変更することで、

Stochasticが80.0を上回ったらアラート

Stochasticが-20.0を下回ったらアラート

という単純なアラート機能としても利用も可能です。
※当然、このときの勝率も出ますよ。

単純なStochasticアラート

  1. 「5」:Stoc_K_Period
  2. 「3」:Stoc_D_Period
  3. 「3」:Stoc_Slowing
  4. 「80.0」:Stoc_High
  5. 「80.0」:Stoc_High_prev
  6. 「20.0」:Stoc_Low
  7. 「20.0」:Stoc_Low_prev

 

mi_Stochastic_Signal入手方法

【mi_Stochastic_Signal】を利用したい方は、2つの方法のいずれかで私へご連絡をお願いいたします。

受取方法は2種類

  1. 方法①:LINE@への登録【断然オススメ】
  2. 方法②:お問い合わせページ

必ず、事前に私のTwitterのフォローをお願い致します。

ご連絡いただくメッセージですが、

【mi_Stochastic_Signalのサインツール利用】+【Twitter名】

でお願いいたします。

方法①ではmi_Stochastic_Signal.ex4のダウンロードURLを、方法②ではmi_Stochastic_Signal.ex4をご指定のメールアドレスに送付させていただきます。

mi_Stochastic_Signalの修正履歴

2021/08/04 新規作成

Sponsor Link








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です